2017年11月19日日曜日

ホームリバー胎内川(中流編)

スポンサーリンク

・栗木野新田付近

私が渓流釣りを始めたころ、胎内川栗木野新田付近の橋から下流は、今より水量が少なく、ウェーディングで何処へでも行けました。

現在(2017年)は水位が上がり、渇水期にならないと厳しい状態です。


橋の側道かた河川敷に降りることができ、駐車スペースも有り、ルアーマン、エサ釣り師、7月には鮎釣り師に会うことできました。


橋のすぐ下が最初のポイントです、ルアーマンがよく入っていました。

15メートルくらい下流に沈みブロックが有り、上流からflyを流すとその直前でヒットします。
春先は20センチ前後のヤマメです。


同じ沈みブロックを下流からアタックできます、沈みブロックの区間は5メータくらい有り、ドライフライで定居しているヤマメを狙います。


次のポイントは、川の側道を200メートルくらい下った所で、川を渡り対岸のプールへ、ここでは岩魚を狙います。
春先でも25センチ前後の岩魚です。
(現在側道は薮になっていて歩けません、川を下るしか有りません、また水位が高く対岸へは、無理です。)


・黒川中学校付近(現在禁漁区)

以前は中流域で一番のポイントでした、現在は禁漁区間です。
現在は川の水位量が多く堰堤付近は危険な状態です。行かないで下さい

 以下は禁漁になる前です。
堰堤下は大きい沈み石があり、ヤマメ、岩魚が釣れます。
岩魚は、流が巻いている部分で釣れます。
このポイントで釣った29センチの岩魚です。
見ためは小型のアメマスです。

釣ったflyはフェザートンテイルニンフです。

堰堤から上流を釣り上がっていくこともできました。
にほんブログ村 釣りブログ フライフィッシングへ
にほんブログ村
スポンサーリンク

・夏井河川公園付近

公園の駐車場から100メータ上流に、堰堤が有ります。
ここが一番のポイントです。

春先は堰堤下に入る事が出来、毎年この堰堤下で岩魚を釣ることができました。

現在は減水期にならないと立ち入れません。

その頃は鮎釣りが解禁になり、鮎師でいっぱいです。
よく釣ったflyはクロカワ虫パターンです。


・胎内パークホテル噴水付近

胎内パークホテルの噴水の所はプールになっていています、また支流の鹿ノ俣川の流れ込みが有ります。
流れ込み部分はいいポイントです。

ここはボート乗り場と釣堀の駐車場があります。

行楽シーズンでなけれまいつでも駐車できます、無料です。

駐車場ですが胎内スキー場がオープンしている頃は、積雪があり駐車は無理です。
(スキー場がオープンしている頃は、ボートも釣堀も営業してないため除雪しません。)


鹿ノ俣川合流地点からプールに立ち入ることができます。
現在は水位が上がり、渇水期でないと入れません。

岩魚、虹鱒、ヤマメ、ウグイがつれます。

鹿ノ俣川合流地点は鯉が回遊してきます。トラウトではありません。

鹿ノ俣川を釣り上がる事もできます。私は行った事はありません。

夏井河川公園の位置情報を記載します。
(スマホでは表示しません)
興味のある方は釣りに来てください。

このエントリーをはてなブックマークに追加 LINEで送る

スポンサーリンク