2017年11月23日木曜日

管理釣り場(ビギナー編)

スポンサーリンク

・三川フィッシングパーク

三川オートキャンプ場の中のフィッシングパークになります、阿賀野川の支流、新谷川の第一堰堤から上流になります。
一般の渓流での釣り場で、flyとルアーの専用区です。
私が釣りを始めたころから10年前に、閉鎖になるまでの期間を、今回紹介をいたします。


5年くらい前に再開したのですが、レギュレーションが変わってしまい、入場者も激減しています。

閉鎖前は、川への立ち入り禁止区と、上流のウェイデング可能区間に分かれておりました。
上流は渓流を釣り上がる事が出来ます。


立ち入り禁止区間は、7、8の区間になっていて、どの区間も魚影は濃く、初心者の私でも、そこそこ楽しむことができました。

5月の連休明けから11月末迄、川での釣りが楽しめ、一般河川の禁漁後は、人も多く毎週魚が放流されるので、ルアーでもよく釣れていました。

魚種は虹鱒、キープ出来るのは10尾まで、フックはシングルフックです。

魚のサイズは春先は、24~27センチ、夏休みのころから30~40センチクラスを放流します。

此処でのおすすめflyです。
エルケヘアーカディス
ゴールドビースソフトハックル黒
ピーコックウングセッジ
胎内川スペシャル
クロカワ虫パターン

これらのflyをメインに、ライズが有ればメイフライパターンを使用しまう。
メイフライの色は黄色がメインで白、茶になります。
にほんブログ村 釣りブログ フライフィッシングへ にほんブログ村

スポンサーリンク

岸から近い魚は大スレです、釣ろうとしても無駄です。

対岸近くを釣ります、ライズが有ればドライfly、なければセッジパターンで探ります。
釣れない時はインジケータにゴールドビースソフトハックルで底を流せば、だいたい釣れます。


川の中央付近にゆるい流の中心があり、水面直下を釣ります。
ピーコックセッジか、ウエイトの入っていない、クロカワ虫パターンです。


5月の連休までは川での釣りは出来ません、一時的にプールを作ってそこで釣ります。
flyでの釣りは流れがないため味気ない釣りになります。
私はおすすめしません。


現在は経営者が変わり、レギュレーションがも変わっていいます、その年によって変更されています、確認してから出かけて下さい。


2001年から6年間、渓流釣りを休みました、年に1、2度、ここでストレス解消をしておりました。

次の投稿は、2007年渓流編になります。



このエントリーをはてなブックマークに追加 LINEで送る

スポンサーリンク