2017年12月2日土曜日

関屋分水テトラポットで釣れた、でも色が・・・

スポンサーリンク
2011年ゴールデンウイークの最終日、早朝より新川漁協へ、人が多くいいポイントには入れません。
川の水は、田圃の水が入り、真茶色です。

オレンジのメタルジグからキャスティング、アオ、クロ、シルバーと色を変えますが、アタリは有りません。


人が多い為、下流の人ルアーと絡みます。
シンキングタイプのルアーに交換し、流す水深を変え、絡まない様、調整します。
なかなかアタリは有りません。


突堤の先端部分では釣れています。
上流へはまだ回遊してきません、ルアーを黄色の「熱砂」に交換しアタリを待ちます。


何投目かにアタリです、合わせると引きます。
リールのドラッグ音、ラインが出ていきます。
シーズン初めでドラッグが緩いようです、少し締めると魚は寄ってきます。
50センチのサワラです。
釣れたルアー

翌週同じポイントで45センチのサゴシ(サワラ)をゲット。
釣れたルアー
サワラ
にほんブログ村 釣りブログ ソルトルアーフィッシングへ
にほんブログ村
スポンサーリンク


午後、落とし込み竿に変え、突堤で餌の岩蟹を、蟹取り網で取り、テトラポットへ。
上流側から探りますが、蟹を取られるだけです。
そして釣れたのは、またフグです。

ポイントを変え、蟹を落とし込みます、すると引き込まれるようなアタリ、期待し合わせます、ただ引きは弱く黒鯛ではないようです。

そっして浮いて来たのは、20センチのカサゴです。

翌週、同じポイントで20センチのカサゴと、20センチのチンタ(黒鯛の幼魚)をゲットしました。


8月のお盆明けの早朝、関屋分水のテトラポットへ初釣行です。
関屋記念公園、の駐車場に車を止め、道路を渡り、防波堤のハシゴを使いテトラポットへ。


この日は前日岩蟹を取るが事できず、小エビがエサです。
ここでは浮きフカセ釣りの釣りの人を、よく見かけます。

期待を持って、河口付近に入ります。
30分くらい釣りを続けますが、アタリは無く、ポイントを変ります。

ハシゴで降りてきた付近のポイントに入ります。
テトラの直前にエサを落とし込みます。
そして行き成りアタリです。
引きます。
期待を持ってファイトします。
そして浮いて来た魚の色が・・・・
  茶色です、釣れたのは、30センチのカザゴでした。


残念ですが、いいサイズです。

その後、釣りを続けますが、釣れるのはフグです。
餌もなくなり、この日は終了です。


関屋分水の位置情報を記載します。
(スマホでは表示しません) このエントリーをはてなブックマークに追加 LINEで送る

スポンサーリンク