2017年12月8日金曜日

黄色のウェットfly、入れ食いだよ、三川フィッシングパーク!!

スポンサーリンク
2015年5月末胎内川に、栗木野新田付近から釣りを開始します。
沈みブロックの下流を狙います。

雪シロが終わり、だいぶ水位は下がりました。
#6シングルロッドに、セッジパターンのflyで、沈みブロック迄釣り上がります。

flyに出ます、合わせると、リリースサイズよりやや大きいヤマメです。


その後、夏井河川公園付近の堰堤下に入ります。
ライズを見かけますがサイズは小さいようです。

クロカワ虫パターンを結び、堰堤下を丹念に狙いますがアタリは有りません。

この日はリリースサイズよりやや大きいヤマメ5尾で終了です。
にほんブログ村 釣りブログ フライフィッシングへ
にほんブログ村
スポンサーリンク



6月の第一土曜日、三川フィッシングパークへ


早出川で岩魚を釣ってから、2月近く大きい魚を釣っていません、少し釣れないストレスが。
今日は、ストレス解消に、三川フィッシングパークにやってきました。


ルアーマンが、ウェダー姿で釣りをしています。

私は長靴です。
上流へは行きません。

冬眠から目覚めた熊さんに会いたく有りません。

ヘビだけで十分です。
五月の釣行は、蛇に驚かされます。
今年は胎内川で、お会いしました。

私がポイントに入ると、ルアーマンが話しかけてきます。

昨日、魚を入れた事を確認しての釣行で、五頭フィッシングパークは人が多いので、空いている三川に来たそうです。
そして上流の橋から釣り上がるとの事。


堰堤の上流15メートルの場所で、#4ロッド、#5WFライン(フローティング)にドライflyの新谷川スペシャルを結びます。

斜め上流にキャストします。
中央の流心にflyが落ちます、流心脇をflyが流れます。何事もないようにflyは流れます。

数投後、下流にキャストします。fly先行で流れていきます。
するとライズです、合わせます、よく引きます。

#4ロッドです、リールで寄せます。
ドライflyの釣りは、釣れる所が見え、何とも言えません。

次は対岸へキャストしますが届きません。
そのまま流します。
もう少し遠くに投げたいのですが、駄目です。
下手になったようです。

ダウンクロスでキャストします。
fly先行で流しますそしてライズ、合わせます。
いい引きです。30センチの虹鱒です。

キャスティングを繰り返していると、対岸迄飛ぶようになりました。
いかし、魚の反応は有りません。


新谷川スペシャル
flyをチェンジします。
胎内川スペシャルを結びます。
そして対岸へ。
何の反応も有りません。

流切った所でリトリーブし、flyを沈めます。
するとアタリです。
さすが「ダイビングカデス」このfly、浮いているより、沈めたほうが釣れます。

胎内川スペシャル
この日は、ドライfly、ウェットflyどちらでもよく釣れました。

目標の20尾以上釣り終了です。




10月末、三川フィッシングパークへ

一般河川は、禁漁です。
この年最後の釣りです。

管理人が、釣った魚は全部持ち帰ってもいいと、言っていましたが、私は5尾で十分です。


この日は#6ロッドにフローティングラインです。
新谷川スペシャルを結び、釣り開始です。

近い流から探ります、そして対岸、無反応です。
胎内川スペシャル、メイフライのパラシュート、モンカゲロー、をローテンションしてもダメです。
スレテいます。


インジケータにビーズヘットニンフで対岸を探ります。
数投目で、インジケータが動きます。合わせますヤット釣れました。28センチです。

同じ釣り方で3尾釣った所で、中央の流心脇でライズです。
新谷川スペシャルに変えキャストします。
そしてすぐに出ました合わせます、引きますが今日は#6ロッドです。30センチです。

ライズを見つけ、3尾くらい釣ったら、ライズは止まってしましました。


flyを黄色ボディーのウェットflyに変え、ラインでアタリを取ります。
そしてダウンクロスにキャスチング。
するとすぐにアタリです。

ランディング後、キャスティングです。
そして今度はドスンです。
病み付きになりそう。

ここからはワンキャスト1尾です。

flyを違う色に変えると釣れません。

違うパターンの黄色の、ウェットflyに変えます。
また入れ食いです。
最高です。
一番釣れたfly

最高の形で1年を締めくくれました。 このエントリーをはてなブックマークに追加 LINEで送る

スポンサーリンク