2018年3月30日金曜日

加治川3度目の釣行に向けて

スポンサーリンク
加治大橋上流、川に立ち込めます。
浅いので、マスタースペックヘビーDラインが必要です。#8リールのライン、1週間で巻き戻しです。

パワーヘッド4を取り外します。

マスタースペックヘビーDラインを巻き戻します。
このポイントは浅いのでシンクテップはポリーリダータイプⅢです。

ロッドは、11インチ#7スイッチロッド
2年前に、サクラマス用に購入したロッドです。



今回は、野焼きされたポイントでは、スイッチロッドにトリプルデンシティー H/2/6 460grでトライする予定です。
念のため、14インチ#9ロッドと#10リールのパワーヘッドも持ってい行きます。
堰堤の上流から釣り下りましょう。


聖雲会館上流堰堤、スイッチロッドにトリプルデンシティーをキャストできるか確認です。
流の弱いところはflyでソフトなプレゼンです。

本流は、もちろん28gルアーです。
フックはビッグサンダーにしましょう。


サクラ大橋下流はオーバーハンドキャストを試しましょう。
#9ロッドにパワーヘッド。
全てできるか分かりませんが、今度の予定です。


鮭稚魚パターンとして、グリーンオスプレイを巻いてみました。
魚沼市、アングラーベンチの池田修氏のオリジナルパターンです。

鱒の稚魚パターンと考えております。
これから鮭稚魚、サクラマスの稚魚、アメマスの稚魚が降海します。
また5月になれば、鮎の稚魚が遡上します。
これからの必須パターンです。

サクラマス釣りランキング

フライフィッシングランキング

このエントリーをはてなブックマークに追加 LINEで送る

スポンサーリンク