2018年4月22日日曜日

加治川サクラマス5回目釣行(水位下がりません)

スポンサーリンク
4月21日、加治川に行って来ました。

この日も、朝一からです。
5時30分に川に着くと、加治川河川公園に2台車が止まっています。

聖雲会館上流の堰堤が空いていたので、近くの空き地に駐車し、11フィートのルアーロッドを持ちポイントへ向かいます。

先週より水位が20センチ近く上がっています。
メタルジグにビッグサンダーを付け第一投です。
赤、オリーブ、オレンジ、黒と色を変え探りますが、アタリは有りません。

巻の部分を探った時に根掛りで、アカキンのメタルジク、さよならです。

28gのルアーに変え、探ります。
時々ロッドに違和感を感じますが、ゴミです。

巻の部分を狙った時に、黄色のルアーを15センチくらいの魚が追って来ました。
私の足元まで来て逃げようとしません。
人をまったく警戒していません。
ロッドで水面を突いた時にパーマークが見え、ヤマメ(サクラマスの稚魚?)と確認できました。

この川で今年初めて、魚を見ました。
その後、巻の部分を狙っていて、ルアー根掛りでさよならです。
3時間くらい粘りましたが、ルアーロストでポイントチェンジです。


白鳥のポイントへ移動し車を止め、flyロッドを準備している時、遊歩道下の工務店の敷地を、きじが歩いています。
写真を取ろうとカメラを出していたら、きじも私にきずき足早に林へ逃げていき撮影出来ません。
残念です。

今週の白鳥です。



にほんブログ村 釣りブログ サクラマス釣りへ
にほんブログ村

フライロッドと、ルアーロッドを持ち堰堤へ向かいます。
増水で堰堤部分が沈んでいます。
堰堤下にflyロッドとラインバスケットを置き、堰堤上流でルアーロッドをキャスト出来る場所を探しますが、木々に新芽が芽吹き、キャスト出来る場所限られます。

アップクロスで橋脚を目掛けキャストします。
ルアーが正面迄流れて来たら、急いで回収です。
もたもたしていると、堰堤上のブッシュに絡んでしまいます。

このポイント浅いようです。
減水し、底がよく見えれば、立ち込めそうです。
始めての川で、減水時の状態を知らないため、慎重になります。


30分くらいキャストし、ルアーをロストする前にやめ、堰堤下でflyロッドを準備しゴールドボディーのアオミドを結び釣り開始です。
ワンキャストツーステップダウンで釣り下ります。

立ち位置と水面が近いのか、アンカーが利き、2本目の流心の向こうにラインが着水し、ロッドを立て流心を跨いで、ラインをスローに流します。
いい感じに流れます、魚が居れば釣れると思いますが、アタリは有りません。

flyを、黒のゾンガー、レッドブルースペイ、ゴールドボディーアオミドとローテーションしますがアタリ有りません。

釣り下って行くと、対岸から「いやな者」が泳いできます。
10m下流に接岸し細長い物が上陸します。
蛇です、蛇を見た日に魚を釣った事が有りません。
冬眠からお目覚めの様です。
起きなくていいのに。


この場所を見切りサクラ大橋に移動です。
移動途中の治水記念公園の八重桜が満開です。
今週も交通整理をしていますが渋滞は有りません。
来週も八重桜咲いています。


ほぼひと月ぶりにサクラ大橋下流のポイントです。



こんポイントで熱い為、flyベストを脱ぎ、ゼッケンを胸に安全ピンで止め8.6フィートのルアーロッドで、スプーンをキャストします。

対岸の10メートル手前に着水、いい感じです。
クロス、ダウンクロス、アップクロスとキャストします。
途中ロッドに違和感を感じ合わせます。
ロッドは重くなりますが、生体反応は有りません。
引き上げると、このポイントでも、軍手です。

12時近くまでキャストしますがノーフィッシュです。
熱いのと、蛇を見たのでこの日は終了です。

帰りに、加治川河川公園に車を止めポイントの下見です。
上流側で、入水ポイント発見しました。
浅瀬にルアーマン。
岸側は流心です。
こちらに向かってルアーをキャストしています。
どうやって渡ったのでしょうか??。

ひょっとしてここ浅いの??
ただ、浅瀬に人が居なければ、フライロッドキャスト可能です。
チョイ投げで流心脇をスローに流します。
スイッチロッドに、トリプルデンシティーがいいみたい。

ルアーマンのキャスト方向から、サクラマスは岸際を遡上するようです。

この人の車、何時も止まっています。
あいている時にトライしてみましょう。


この日見かけたアングラーはこの人だけです。
増水で皆さん諦めたのでしょうか。

サクラマス釣りランキング

フライフィッシングランキング


このエントリーをはてなブックマークに追加 LINEで送る

スポンサーリンク