2018年4月23日月曜日

新川漁港を見に行って来ました

スポンサーリンク
4月22日(日)新川漁港
工事の現場事務所無くなりました。

遊漁船まだ陸の上です。
これが冬の新川漁港の風景です。

鉄条網も、無くなりました。
今日は、ゲート空いています。
毎日空いているのでしょうか。

釣りをしているルアーマンに確認すると。
「今日は空いているが、何時もは締っている。」
との事。

去年の暮れは、工事事務所が有りましたが、今はどこが管理しているのでしょうか?
新川漁協??
遊漁船で釣り人を乗せているのに、以前行けた突堤に釣り人を締め出しでしょうか。

遊漁船に乗る釣り人も、何時も遊漁船に乗る訳では有りません。

突堤でエサ釣りや、ルアー釣りをします。

以前別の場所にゲートが有り其処のゲートを管理していたのは、漁協でした。
遊漁船に乗る車の駐車スペースを確保するためでした。
それは頷けます。

たが、今回は納得いきません。

今日はオープンしているので、中に入ってみました。
工事前は自由に突堤に行けたのが、今はいけません。
対岸の突堤は自由に入れます。
変ですよねー!!
対岸です。




今日は、ウインドーサーフィンをしています。
4月ですが熱い一日です。
海に涼みに来たくなります。


ゲートから先の突堤です。
ここで黒鯛が釣れます。
河豚もいっぱい、居ます。
ここでエサの岩蟹を調達します。



この灯台、数年前に傾き、ニュースの全国版に登場しました。
4、5年前に復旧しました。
このポイントは、イナダとサワラの絶好のポイントです。
ただゴーデンウイークはおすすめしません。
緑の岩蟹が、真茶色に為ります。
田圃のシロカキの水が流れ込みます。


サクラマスの遊漁が終了したら、此処でしょか。
6月はイナダとサワラのルアー釣り。
7月は黒鯛釣り。



以前、黒鯛を釣ったポイントです。
数年前迄は、砂浜でした。
今年は水深1メートルでしょうか。
あと、1メートル深くなれば、黒鯛が戻ってきます。
来冬の、荒れた日本海の荒波で、砂が流れる事を期待します。


港になる前はここで、黒鯛が泳いで居るとこのをよく見かけました。

このフラットでflyで黒鯛を狙いますか。
かけ上がりも有りますし。



ただ、港の出入り口浅いようです。
また砂堀船の登場でしょうか。

毎年、海の砂と海草、貝が掘られます、魚居なくなっちゃいます。
十数年前、港の工事が始まる前は魚影の濃い、いい釣り場でした。
黒鯛の稚魚や、夏にはサオリ、カマス、イワシを見る事が出来ました。

以前の海を返して下さい。
それほど魚居なくなりました。
釣り人も減りました。
このエントリーをはてなブックマークに追加 LINEで送る

スポンサーリンク