2018年5月28日月曜日

新谷川 初釣行

スポンサーリンク
5月26日(土)
加治川サクラマス遊漁を見切り、朝5時前に新谷川に向かいます。
10ヶ月ぶりの新谷川です。

橋の工事終わっています。
ただまだ、護岸の工事は続いています。

ポイントに着き準備を済ませ、川に向かいます。
水位20センチくらい高いようです。
ただ朝、白川水位をネットで確認したのですが、ベストの水位でした。
橋が完成し河口部の川幅、広くなったために白川の水位だけ下がったようです。
これからは、20センチ加算して考えましょう。




水位が高いので、スイッチロッドにマスタースペックヘビーDライン、タイプⅢのポリリーダ、flyは新谷川スペシャルⅡ。


橋の下から釣り開始です。
ワンキャストツーステップダウンで釣り下ります。

釣り下って行くと、川砂で足が沈みこみます。
砂、増えたようです。

flyをローテションしながら釣り下ります。
しかしアタリは有りません。

流れが二俣に分かれる手前のポイントで、アタリが有りましたがフッキングしません。
その後は無反応です。

本流を釣り下ろうと思ったのですが、流れが強く釣り下った後、戻って来れそうに有りません。
このポイントを諦め橋の上流に移動です。


スポンサーリンク


川幅が狭くなり、流れ強く遡上が厳しくなり、大きい石の上流から釣り下ります。
大きい沈み石も多くいいポイントです。

ただ、アタリは有りません。
釣り下って行くと、10年前に春先に、対岸側で20セントのヤマメを釣った消波ブロック、砂で埋まっています。
かろうじて、こちから見えます。
鮎が釣れなくなる訳です。
藻が付く石が減りました。

二俣まで釣り下りますが、アタリは無くポイント移動です。


上流の管理釣り場下流のポイントへ移動です。
始めて入るポイントです。


ただ、流は早く山岳渓流のようです。

対岸には、花も咲いています。
下流と同じシステムにリードflyにポーラセッジ、ドロッパーflyはゴルードテープセッジで釣り下ります。
大きい沈み石のポイントで根掛りflyロストです。

ドローッパーは止め、釣り下ります。
今度は、脇のブッシュでflyロストです。
気を抜くと、ブッシュにティペットが絡みます。

キャストを止め、下流の開きまで下ります。
流れも緩くなり、いいポイントです。
手前と、対岸近くの流芯に交互にflyを流します。
そのまま下って行き、大きい沈み石のポイントでアタリです。
またフッキングしません。
その後アタリはなく、この日はノーフィッシュで終了です。

このエントリーをはてなブックマークに追加 LINEで送る

スポンサーリンク