2018年1月24日水曜日

プロフェッサ

スポンサーリンク

メイフライ(モンカゲロウ)の季節にウエットflyのプロフェッサーです。


にほんブログ村 釣りブログ サクラマス釣りへ
にほんブログ村

マテリアル
フック:VARIVAS2400V #10
スレッド:6/0(ブラック)
タグ・リブ:ゴールードフラットティンセル
テール:スカーレットアイビス
ボディー:シルクフロス(イエロー)
スロート:インドコック(ブラウン)
ウィング:グレーマラード


タイイングはこちら

にほんブログ村 釣りブログ フライフィッシングへ
にほんブログ村

サクラマス釣りランキング

フライフィッシングランキング

このエントリーをはてなブックマークに追加 LINEで送る

スポンサーリンク

2018年1月20日土曜日

サクラマスfly・ポーラセッジ

スポンサーリンク

ポーラセッジです。
Sponsored Links

にほんブログ村 釣りブログ フライフィッシングへ
にほんブログ村

にほんブログ村 釣りブログ サクラマス釣りへ
にほんブログ村
マテリアル
フック:VARIVAS2400V #8
テール:マラブー(赤)
スレッド:6/0(黒)
ボディー:コックネック(ライトブラウン)
     シリバーフラットティンセル
     パトリッジ
     ブルーネック
ウイング:ターキークイル

昨年の10月に五頭フィッシングパークでいい思いをしたflyです。

ヒゲナガの季節にサクラマスを狙います。
赤、青、茶の3色が魅力です。
タイイングは少しお待ちください。

にほんブログ村 釣りブログ フライフィッシングへ
にほんブログ村
サクラマス釣りランキング

フライフィッシングランキング

このエントリーをはてなブックマークに追加 LINEで送る

スポンサーリンク

2018年1月18日木曜日

サクラマスfly・減水期

スポンサーリンク
ヒゲナガの季節は新谷川スペシャルです。
ドライflyではなく、ウェイトを巻きWetflyとして使用します。
タイイングはこちら!

サクラマスは定位している場所では捕食します。
ヒゲナガflyのNo.1はこれです。
今年こそこのflyでサクラマスゲットです。



新谷川スペシャル2です。
ウエイトを巻き沈めで使用します。
タイイングはこちら!

定位しているサクラマスをこのflyで誘いだします

今年はこの2本が基本です。





スポンサーリンク

にほんブログ村 釣りブログ フライフィッシングへ
にほんブログ村

にほんブログ村 釣りブログ サクラマス釣りへ
にほんブログ村
3本めのヒゲナガfly
ゴールドボディーセッジです。
タイイング動画を撮影し、YouTubeに近日中に投稿します。

お待ちください。
ウエイトを巻き、沈めで使用します。
このflyが最初にサクラマスをゲットしそうです。

この3本は私のパイロットflyです。これでサクラマスを釣る事が出来たら最高です。

サクラマス釣りランキング

フライフィッシングランキング

このエントリーをはてなブックマークに追加 LINEで送る

スポンサーリンク

2018年1月16日火曜日

サクラマス用fly・その2

スポンサーリンク

デーモンピーコック

















デーモンピーコックを何本巻くかです。
解禁当初の9センチを4本。
雪シロの増水期用15センチを4本。
これが最低必要本数。
サクラが咲くまでに1尾ゲット出来ればいいのですが。
ヒゲナガが、出たら用済みです。



アクアマリーングリーン
シーズンを通じて6本。
これが最低必要本数。
ヒゲナガが、出たら用済みです。
ボディーは金と銀の両方揃えます。
上記2本のドロッパーシステム面白いかも!


スポンサーリンク
にほんブログ村 釣りブログ サクラマス釣りへ
にほんブログ村

にほんブログ村 釣りブログ フライフィッシングへ
にほんブログ村
3本目はブライスfly



タイイングはこちら!
サクラマスfly定番のアカキン色です。
困った時はこの色です。
#2で大きく巻き、解禁当初、増水期用。
#6~#10は減水期用。



4本目はクレイグナイトタイム

タイイングはこちら!
今年ヒョットすると、これが一番かも知れません。
雪シロやシロカキで濁った日が出番です。
#2~#8を常備しましょう。


5本目はピーコックスペイ

タイイングはこちら!
黄色系の一本として。
シーズンを通して使用。
6本目はフリースタイルスペイ

タイイングはこちら!
チャート系の一本として。
5、6はドロッパーシシテムで使用。


7本目はオレンジヘロンスペイ

タイイングはこちら!
オレンジ系の一本として。
最後に一押しです。

この7本でflyローテション。
きっとサクラマス釣れます。 


サクラマス釣りランキング

フライフィッシングランキング



このエントリーをはてなブックマークに追加 LINEで送る

スポンサーリンク

2018年1月13日土曜日

サクラマス用fly・2018

スポンサーリンク

今朝の、家の裏です。

雪15センチくらい寒さで締まりましたが、この積雪です。
昨日の朝は80センチ以上の積雪でした。
私の記憶では、新潟市で24時間で80センチ以上降ったのは、子供の頃だったと思います。
新潟県で一番、雪の少ない新潟市が、スキー場の様です。

この雪の対応で、ブログの投稿が、滞りますが、了承して頂けますよう、お願いいたします。

昨日、朝6時から雪かきを始め、午後3時過ぎに車を出せすようになりました。

今朝は、筋肉痛です。


デーモンピーコック

見た感じは、デーモン小暮です。
ピーコックソードをカットする長さで、15センチまでのサイズに対応可能。

9~12センチが、解禁当初と、減水期。
12~16センチが、雪シロでの増水期。

2018年、一番期待しているflyです。

タイイングは下記サイトで確認できます。

Fly tying vision

スポンサーリンク



にほんブログ村 釣りブログ フライフィッシングへ
にほんブログ村

にほんブログ村 釣りブログ サクラマス釣りへ
にほんブログ村
アクアマリーングリーン


定番のサクラマスflyです。
解禁当初、増水期用です。

2018年、期待しているflyです。


タイイングは下記サイトで確認できます。

Fly tying vision


このエントリーをはてなブックマークに追加 LINEで送る

スポンサーリンク

2018年1月11日木曜日

スペイラインの紹介

スポンサーリンク
マスタースペックDライン#6/7



サクラマスの解禁当初と、雪シロが終わる5月の連休明け、から使用します。
解禁当初はシンクティップはタイプ3、6にストリーマflyを結び、流心脇を狙います。

メンディングで、流心脇をキープしながら沈め、底付近を流します。
流心脇からスイングさせ、その後リトリーブで誘います。


雪シロ後は、ウェットflyを結び、流心にキャストします。
シンクテップは、インターミディエイト、タイプ3がメインです。

flyはセッジ、カデス、メイフライパターンになります。
この季節になるとルアーマンも少なくなり、#6~#10のflyで狙います。

一般河川の本流では、解禁当初から5月末迄使用します。
フライは雪シロが終わるまでは、ウェットfly、その後はセッジパターンがメインになりまうす。

このラインは、フルラインです、メンデングや他の操作がしやすいラインです。


にほんブログ村 釣りブログ フライフィッシングへ
にほんブログ村
にほんブログ村 釣りブログ サクラマス釣りへ
にほんブログ村
スポンサーリンク


スープラエックスプレス#6/7
一般河川の本流では、6月以降に使用します。
フライはセッジパターンとカディスパターンになります。
減水期から渇水期での使用です、優しいプレゼンテーションで、水面直下を探ります。

このラインもメンディングがしやす、fly先行で流すことができ、ドスンとロッドにアタリが伝わります。
病み付きになる、楽しさです。

今回紹介するラインは、私のお気に入りのラインです。

ティムコ(TIEMCO)
詳細説明はこちらへ

YouTubeでサクラマス用のflyをチョイスしました。

音声は英語ですが、ビデオ画像を見て参考にして下さい。
オレンジ系の色で選択しました。
釣れそうです。

追記、現在flyタイイング動画サイトを進めております。

Fly tying vision です。

アクセスしてみて下さい。

サクラマス釣りランキング

フライフィッシングランキング

このエントリーをはてなブックマークに追加 LINEで送る

スポンサーリンク

2018年1月8日月曜日

シューテイングヘッドラインの紹介 2

スポンサーリンク

KenーCube パワーヘッド4

インターミディエイト・スローシンクユニホーム 4メートル 37g
両端ループ付き。

流の早い、浅い河川で使用します。
シンクテップは付けず、直接リーダを結びます。
底をゆっくり流し、flyを魚の鼻面に流します。
湖では使用しません。
少しラインが固く、寒い時は中々ラインの癖が直りません。
TFO14フィート#9ロッド用です。



KenーCube パワーヘッド4


インターミディエイト タイプ2ティップ 4メートル 37g
両端ループ付き。


流の早い、河川で使用します。
シンクテップは付けず、直接リーダを結びます。
底をゆっくり流し、flyを魚の鼻面に流します。
湖では使用しません。
こちらは、癖はすぐに直ります。
ロングキャストも楽にでき、扱いやすいラインです。
荒川の鮭釣り用にタイプ3の購入を考えております。
ただ、スイッチロッドと共用できるよう、パワヘッド6、2.5メートル、20gを検討中です。
TFO14フィート#9ロッド用です。

スポンサーリンク

にほんブログ村 釣りブログ フライフィッシングへ
にほんブログ村

SA SRS-Rトリプルデンシティー
ホバー、タイプ2、タイプ6、7.6メートル 460gr
(ヘッド3.5m)
両端ループ付き。
ヘッド、ティップ一体構造で、ティップはタイプ6固定。
2017年鮭釣り用に購入しましたが、鮭釣りエントリー出来ず、荒川での使用できず、使用に関しては未知数です。
胎内川の中流部で、雪シロによる増水期に使用しましたが、思うほど沈みません。
またキャスティングに関しても、胎内では後ろに背の高い木や、草の生い茂る場所での使用で、スカジトキャストでの確認はとれていません。
TFO14フィート#9ロッド及び、11フィート#7スイッチロッドとの共用です。

YouTubeでサクラマス用のflyをチョイスしました。

音声は英語ですが、ビデオ画像を見て参考にして下さい。
ルアーでサクラマスを釣った時の映像でチャートをよく見ます。
その色を考慮し選びました。
釣れそうです。

追記、現在flyタイイング動画サイトを進めております。

Fly tying vision です。

アクセスしてみて下さい。
このエントリーをはてなブックマークに追加 LINEで送る

スポンサーリンク