2018年7月16日月曜日

新谷川で鮎釣りに挑戦

スポンサーリンク
6時過ぎに、細越橋下流の駐車スペースが空いていたので、車を止め準備します。
下流のプールの上流に長い白い竿が見えます。
先行者が居ます。
奥に車が1台止まっています。
準備を済ませ、スイッチロッドを持ち入渓です。
気温は高いのですが、薄曇りで日差しは弱く、釣り日和です。
今年は草刈しないようです。
芦も伸び大変です、河原に出て帰りの道の目印を流木で、罰点マークを作り川に向かいます。



新谷川も渇水です。

先ずはflyフィッシングです。
リードflyは新谷川スペシャル2、ドロッパーは鮎毛鉤雄山を結び釣り下ります。

数投目に、お魚キャストしてしまいました。
キャストした為に、バレてしまいました。
ラインの長さ調整中です。

下流でライズを確認できます。
釣り下り、ライズの有ったポイントでflyをエルクヘアーカディスに変えます。
しかし出ません。
「夏ヤマメ1里、一匹」でしょうか、釣れません。

flyを、雄山、青ライオンに変え鮎釣りです。
今度はキャストしないように、慎重に釣り下ります。
そしてアタリです。


残念ながら釣れたのは10センチのヤマメです。
flyは雄山でした。

その後釣り下りますが、アタリは有りません。
根掛りで雄山、青ライオンをロストしたところで、橋下流に戻ります。


チューブflyをキャストするため、マスタースペックヘビーDラインを巻いたリールに変更します。

flyを沈めたいので、アルミチューブのflyを結びます。


キャストもこの川幅だと問題有りません。
回収するときに、flyの姿勢を確認します。
きちんと流れています。
ただ4本錨がマテリアルの絡みます。
絡みにくいマテリアルに変更が必要です。
このまま釣り下りますがアタリは有りません。
途中で15センチの、鮎の死骸が沈んでいます。
最初は有りません。
キャストしたのは鮎だったようです。
10年前の6月にドライflyで同じ事をしました。


flyをゾンガータイプに変更します。


キャストは問題有りませ。
回収時に姿勢を確認します。
上下逆です。
マイラーチューブに空気が入り浮いています。
このfly駄目です。

心配になり、ルアーを結びます。
勿論、まともにキャスト出来ません。



流して姿勢を確認します。
姿勢がヘンです。
逆さ針を止めるウレタンで後ろが浮いてしまいます。
最悪は、また上下逆さです。
此れでは釣りに成りません。
これで駄目出しが出来ました。
次回までにこれを修正し、次回は鮎釣れたらいいな!


この日は11時で終了です
11時の気温は31℃でした。
10時過ぎに快晴になり、日差しも強くなりました。
熱い1日でした。 このエントリーをはてなブックマークに追加 LINEで送る

スポンサーリンク