2018年12月16日日曜日

2018年を振り返り・新谷川

スポンサーリンク
5月下旬に新谷川初釣行です。

前年ラインブレークで大物をバラシタ、細越橋下流のポイントはいります。
水位は予想より20センチ以上高い為、スイッチロッドにマスタースペックヘビーDライン、タイプⅢのポリリーダ、flyは新谷川スペシャルⅡ。


釣り下って行くと、川砂で足が沈みこみます。
砂、増えたようです。
flyをローテションしながら釣り下ります。

しかしアタリは有りません。
流れが二俣に分かれる手前のポイントで、アタリが有りましたがフッキングしません。
その後は無反応です。

このポイントを諦め橋の上流に移動です。
橋上流、川幅が狭く流れ強くなり遡上が厳しくなりました。

大きい石の上流から釣り下ります。 
大きい沈み石も多くいいポイントです。

ただ、アタリは有りません。
結局ノーフィッシュで、上流の管理釣り場下流のポイントへ移動です。




始めて入るポイントです。
ただ、流は早く山岳渓流のようです。
対岸には、花も咲いています。

下流と同じシステムにリードflyにポーラセッジ、ドロッパーflyはゴルードテープセッジで釣り下ります。
大きい沈み石のポイントで根掛りflyロストです。

ドローッパーは止め、釣り下ります。
今度は、脇のブッシュでflyロストです。
気を抜くと、ブッシュにティペットが絡みます。
キャストを止め、下流の開きまで下ります。
流れも緩くなり、いいポイントです。
手前と、対岸近くの流芯に交互にflyを流します。
そのまま下って行き、大きい沈み石のポイントでアタリです。
またフッキングしません。
その後アタリはなく、この日はノーフィッシュで終了です。



にほんブログ村 釣りブログ サクラマス釣りへ

6月下旬に2回目の釣行です。
スイッチロッドにスープラEXP.で橋の下から釣り開始です。

減水しました。
流れも緩くなりました。


新谷川スペシャル2を結び、釣り下ります。
昨年ここで虹鱒を釣っています。
今年はいるでしょうか。

数投目のリトリーブ中にアタリです。
引きません、途中でジャンプします、小さい。
釣れたのはリリースサイズのヤマメです。
写真を取ろうと、ランディングネットに入れ、カメラを構えたら元気すぎて、跳ねてネットから飛び出しサヨナラです。

下流の数か所でライス有りますが、同じサイズです。
釣り下りライズの有ったポイントへflyを流し込みます。
しかしアタリは有りません。


フィッシングパーク下流に移動します。


ドライflyの新谷川スペシャル2を結び、大きい沈み石、誰が見ても怪しいスポットにキャストします。

いきなり出ました、釣れたのはリリースサイズのヤマメです。


水温が、細越橋よりも低いので今度は撮影できました。
今年釣れる魚、みなリリースサイズです。
昨年は、20センチ位のヤマメでした。
原因は上流のフィッシングパークが昨年、石を積み魚が下流に落ちないようにした為のようです。
ただ、今シーズンの終了時に元に戻したので、来シーズンは大きいヤマメが釣れそうです。

阿賀野川水系は、7月の第一日曜日が鮎の解禁です。
この釣行が、渓流釣りの最後にならなりました。

スポンサーリンク
このエントリーをはてなブックマークに追加 LINEで送る

2018年12月15日土曜日

flyマテリアルを買ってきました

スポンサーリンク
アウトドアショップ WESTに行って来ました。
WESTの駐車場からの見た、鳥屋野潟とビックスワンです。


WETフックが無くなったので、#6,#8,#10を買いました。





サクラマス・サーモンflyの、ブライスflyを管理釣り場、渓流用に巻き替えです。
2019年の初巻を予定しています。
巻いたらYouTubeに投稿します。

ブライスfly


ボディー用のUVダブブラウンと、ハクルはインディアコックネックを購入。


他に、前回間違えてブラックを買った為、ピーコックアイのナチュアルを購入です。





スポンサーリンク
このエントリーをはてなブックマークに追加 LINEで送る

2018年12月12日水曜日

2018年を振り返り・早出川水系

スポンサーリンク
加治川サクラマス遊漁が、シロカキによる濁りで終了になり、阿賀野川水系の年券を購入し、今年の渓流釣り開始です。

以前、雪代岩魚を釣った、磐越西線陸橋下流のポイントで今年最初の渓流釣りです。


1時間ほどスイッチロッドにマスタースペックヘビーDラインで釣り下りますがアタリは無く、仙見川ふるさとつくり河川公園に移動します。


公園の駐車場から下流へ、スイッチロッドにマスタースペックヘビーDラインで釣り下ります。
下流の沈み石のプールでライズを発見します。
ライズの上流にキャストし、ラインを流しきりリトリーブ中にアタリです。
20センチの可愛いヤマメが釣れました。
今年最初の魚です。
上流でも同じサイズのヤマメが釣れました。




公園上流の消波ブロックから釣り上がります。
クリーム色のスピナーがハッチしますが、ライズは有りません。
釣り上がりますが、アタリは無く上流の流木のポイントから、ウェットflyで釣り下ります。

結局この日はノーフィッシュで杉川に移動します。
春水橋下流の何時ものポイントから釣り開始です。
ドライflyで釣り下りますが無反応です。

大きな石のポイントが有るのですが、アタリも無くこの日は終了です





7月に入り仙見川の同じポイントに入ります。
沈みテトラの上流に、ドライflyをキャストした時に、flyにアタックして来ますが、フッキング出来ません。

渇水ぎみでスレているのか、同じflyには1度しか出ません。
flyを変えるとまたアタックして来ますが、釣れません。



早出川の東光院ふれあい公園上流に移動します。
橋上流にはルアーマン。
橋下流から釣り下ります。
スピナーがハッチしますが、ライズは有りません。
大きい石のポイントや、合流部分が有るのですが釣れません。




諦め上流に移動します。
渇水で釣り出来ません。
杉川に移動します。
杉川も渇水です。
日陰のプールに入ると、涼しくて最高です。
この日の新潟市は33℃でした。
この日もノーフィッシュで終了です。

7月中旬から、早出川、仙見川水有りません。
早出川水系の渓流釣りは終了です。

早出川
仙見川


スポンサーリンク
このエントリーをはてなブックマークに追加 LINEで送る

2018年12月9日日曜日

2018年を振り返り・海釣り

スポンサーリンク
3月に新川漁港を下見した時は、ゲートに施錠されていました。

4月に入り、サクラマス遊漁の合間に新川漁港を下見すると、ゲート開いていました。


暖かい一日で、突堤には釣り人、空にはパラセーリング。
ただ、港はまた掘り返していました。
船は丘に上がっていました。






帰宅し、イナダ、サワラ釣り準備をはじめます。

5月の後半のイナダ・サワラのベストシーズンに初釣行です。
ただ突堤人少ないです。
魚居ないのかな?

黒鯛のエサ、岩蟹を確認できました。
6月7月が楽しみです。




7月に入り下見をすると、工事中でゲート施錠されていました。
お盆を過ぎても工事中でした。

港の中のフラットで、flyでの黒鯛釣りもできません。






お盆前の墓掃除の帰りに、巻漁港を下見してきました。
ただここで、魚を釣った事が有りません。



翌週、落とし込み竿と前打ち竿で黒鯛釣りです。
flyでの挑戦ですが、やはり釣れません。
縁のない巻漁港への足は遠のき、今年最初で最後の釣行です。








スポンサーリンク
このエントリーをはてなブックマークに追加 LINEで送る