2019年7月21日日曜日

大玉トマト収穫です

スポンサーリンク
ナス沢山収穫しました。
花も咲いています。
今年はいっぱい食べれそうです。





ミニトマトも収穫しました。
此方は順調に収穫出来ます。




にほんブログ村 釣りブログ サクラマス釣りへ

大玉トマト収穫しました。
収穫までに時間がかかりました。
これからは順調に収穫出来そうです。
小さいトマトは雨で割れてしまいました。
今晩食べましょう。



パプリカ色付いたのですが、腐ってしまいました。
一つはまだ青いですが、明日収穫しましょう。


スポンサーリンク
このエントリーをはてなブックマークに追加 LINEで送る

2019年7月19日金曜日

オトリflyのビッグ・サンダー

スポンサーリンク
新谷川2回目釣行で、オトリfly小さすぎると考え、ビッグ・サンダーを巻いてみました。


プロハリス止めをテールに巻きました。
3本錨の交換も容易にできます。
使用したフックです。






使用したマテリアルです。
他に、黒とブラウンのマラブーです。
ウェートも巻きました。



ゴールドビーズの鮎毛鉤を巻き足しました。
リードflyに使います。
三本ドローパーのウェートの代用です。
ビーズの大きさで流れに対応します。
ただ根掛ると、すべてflyロストです。
鮎毛鉤たくさん必要です。


アタリが取れない時用の、インジケータをflyボックスに入れました。


スポンサーリンク
このエントリーをはてなブックマークに追加 LINEで送る

2019年7月17日水曜日

新谷川釣行の帰りにポイント下見

スポンサーリンク
ホテル三川の駐車場に車を止め入渓です。


オトリflyで釣り下ります。
川幅が狭くスープラExp.でもキャスト可能です。
岸際にflyを流しながら釣り下ります。
釣り下って行くと下流でライズです。
此処もお魚小さいようです。
鮎毛鉤の雄山と青ライオンのドローパーで釣り下ります。
釣り下りますがアタリは有りません。
昼近くになり気温も上がりました、日差しも強くなりこの日は終了です。




にほんブログ村 釣りブログ サクラマス釣りへ

帰りに阿賀野川との合流地点を下見です。
工事も終わり河原に降りれようになりました。



来年のゴールデンウィーク、三面川人が多く思う場所に入れないので、ここで戻りヤマメ、戻りイワナを狙いますか。
次回はここでも鮎釣りに挑戦です。

その後五十母川に移動する途中の阿賀野川、水濁っていました、まだ鮎釣りには早いようです。
五十母川に着くと会津ナンバーの車が止まっていました。
鮎師が友釣り中です。

スポンサーリンク
このエントリーをはてなブックマークに追加 LINEで送る

2019年7月14日日曜日

新谷川2回目釣行

スポンサーリンク
7月13日 くもりのち晴れ
5時半過ぎに出発です。
8時前までは雨の予報に為、目的地を決めづに阿賀野川方面へ向かいます。
新潟市内は霧雨、ただ阿賀野川方面は明るく、雨は降っていないようです。
阿賀野川を渡る頃には心を決め、新谷川に向かいます。
細越橋下流に7時前に到着です。
まだ草刈り終わっていません。



準備を済ませ入渓です。
細越橋下流の何時ものポイントから、ヘンフェザントセッジ
で釣り下ります。
橋上流には鮎釣り師。







虹鱒を期待しつつ釣り下ります。
flyをローテーションしながら釣り下りますが、まったくアタリは有りません。
釣り下って行き、二俣の右側の流れの右側の岸際でライズです。
ただ魚小さいようです。
ドライflyに変え、ライズを狙います。
数投目に出ますがフッキングできません、出たのは10センチくらいです。
ライズが頻繁に発生しますが、同じサイズの魚です。

釣り下りますが釣れず、スタート位置に戻りオトリflyに変え、鮎釣り開始です。
スープラExp.ではflyが重く、上手くキャストできません。
次回からは、マスタースペックヘビーDラインにしましょう。
虹鱒もいませんし、鮎釣りに専念しましょう。
確りアンカーを打ち、岸際にflyを流します。
時々アクションを入れ釣り下ります。
しかしアタリは有りません。
flyが沈まないのでしょうか、それともfly小さいのでしょうか、今釣れている鮎は15~17センチです。
大きくて重いflyを巻きますか。
釣り下りますがアタリは無くポイント移動です。

車に戻る途中鮎師の釣りを観察しました。
上流側の鮎師が掛けました。
このポイントは数年前に、虹鱒を沢山釣った場所です。
次回はここにしましょう。
車に戻ると、草刈り終わっていました。
車から川がよく見えます。

スポンサーリンク
このエントリーをはてなブックマークに追加 LINEで送る

2019年7月11日木曜日

阿賀野川水系、鮎解禁です

スポンサーリンク
7月の第一日曜日、7日に鮎解禁です。
flyベストのフライボックスを、鮎と渓流用にチェンジしました。
渓流用ウェットボックスに、常用flyのドライflyを追加しました。
モンカゲローパターン、胎内川スペシャル、新谷川スペシャル、エルクヘアーカディスです。
フローティングニンフも入れました。
7月は、渓流釣りと鮎釣りの、二刀流です。


鮎毛鉤の横向きがドライフックの鮎毛鉤です。


おとりflyです。
お盆まではルアーは使用しません。




にほんブログ村 釣りブログ サクラマス釣りへ

おとりルアー用ロッドは、黒鯛用の6.3メートルの竿と、Capsの#3/4リールを使用します。



アユ釣り仕様の渓流用コンテナボックスです。
釣れたら魚籠でキープします。



ランディングネットです。


スポンサーリンク
このエントリーをはてなブックマークに追加 LINEで送る

2019年7月8日月曜日

早出川水系 3回目釣行

スポンサーリンク
7月6日 気温24℃ 曇りのち晴れ
5時半に出発です。
梅雨入りし、週末二週連続の雨がつづきました。
一月ぶりの渓流釣りです。
8時前には強風の予報です。
山ノ下の煙突の煙は真横に流れています。
車には然程風を感じませんが、上空は風強いようです。
向かう途中、阿賀野川の土手を走っているころから、車にも風の強さを感じます。

東光院ふれあい公園に6時半前に到着です。
車を降りると強風です。



スイッチロッドにスープラExp.で、橋下流から釣り開始です。
雨が続き増水した後です、流れは速く厳しい状況です。
昨年は泳いでいる魚を確認できたのですが、この日は確認できません。
翌日が鮎解禁ですが、居ないようです。
ドロッパーに、ゴールドビーズヘッドのフェザントテールニンフ、リードflyは新谷川スペシャルⅡを結び開始です。
風が強くオーバーハンドでは、思うポイントにキャストできません、それにラインがロッドに絡みます。
上流にアンカーを打ち、スペイキャストです。
釣り下りますがアタリは有りません。

リードflyを、ヘンフェザントセッジに変え釣り下ります。
数投目にアンカーを打ってキャストしますが、fly飛びません。
またヤッチャイました。
ヤマメをキャストしちゃいました。
フッキングしていたのは、10センチのヤマメです。



その後flyをローテーションしながら、釣り下りますがアタリは有りません。
風もいっそう強くなりました。
このポイントを諦め、風裏の仙見川へ移動です。


ふるさとつくり河川公園に車を止め、下流の堰堤上から釣り開始です。
昨年5月に、ヤマメを釣ったポイントです。

黄色のモンカゲローパターンのflyを結び、沈みテトラを探りますが出ません。
flyをウェットフックの、新谷川スペシャルⅡに変え釣り下りますがアタリは無く、上流に移動します。


消波ブロックを、ドライflyで探りながら釣り上がります。
風が強く、flyは狙ったポイントに落ちません。
釣り上がりの釣りを諦め、上流の流れ込みまで移動し、ウェットflyで釣り下ります。
対岸の消波ブロックを入念に探りますが、アタリは有りません。

二週間、増水が続いたために、コケが流されたのでしょうか、石がきれいです。
アユ釣りも厳しいようです。


強風の為この日の釣りは、10時で終了です。
アユ釣りを考慮し帰りにポインの下見です。


早出川河川敷公園上流
磐越西線下流
何方も、これ以上減水すると、厳しいようです。
スポンサーリンク
このエントリーをはてなブックマークに追加 LINEで送る