2019年3月24日日曜日

三面川サクラマス2回目釣行

スポンサーリンク
3月23日 6時過ぎに出発です。
気温は4℃、くもり。
向かう途中、工場の煙突の煙は、斜めに立ち昇ります。
微風のようです。

7時半に到着し、前回竿を折ったポイントに入ります。


風は微風で良いコンデションです。
ただ水位が10センチ上がりました。
フラッシュバーカーを結び、6Bのショットを取り付け、第一投です。
ラインを引き出し、右サイドにアンカーを打ち、フルキャストします。
何事もなく、シューティングヘッドは飛んでいきます。
数投キャストし、ロッドの接合部分を確認します。
問題なさそうです。
先ずは、一安心。

その後何投目かに、また右後ろのブッシュでflyロストです。
flyを新作のグリーン・ヘロンに変え、釣り下ります。
3投目にアタリです、合わせますがフッキングできません。
その後は無反応です。
8時半過ぎに雪が舞い出しました。
彼岸を過ぎたのですが、24日の未明は雪の予報です。
タイヤ交換は一週間延期です。
(翌朝、新潟市で3センチ積りました。)

羽越線下流のポイントに移動します。
ここも川に立ち入ることができます。
流れも緩く、ラインがいい感じで流れます。
鉄橋による流れの変化で、面白そうなポイントですが、アタリは無くポイント移動です。





昨年、サケ釣りをしたポイントにはいります。
昨年より水位が30センチ以上、上がっています。


立ち入れるのは1メートル、流れは速く6Bと4Bのショットを付け釣り下ります。
10過ぎに風が強くなりました。
帽子を飛ばされないよう、釣り下りますが釣れません。


対岸の孵化場前に移動します。
いっそう風が強くなりました。
冬型の気圧配置です、北西の風が河口から吹き上がってきます。
クロスにキャストしても、アップクロスのように飛んでいきます。
体感温度も下がり、寒くて震えます。





直ぐに、下流大橋上流にポイント移動します。
ここは河原になっており、flyには最高のポイントです。
ヒゲナガの季節が楽しみです。
ラインを出し、スペイキャストします。
よく飛んでいきます。
ロッドこのまま使えそうです。


キャストすると、flyが強風で空中で踊ります。
とても釣りを続ける状況ではなくこの日の釣りは終了です。
下流部のポイントを、一通り回ることができまし。
流れのはやい川のシステムを、再度考え直しです。
次回の釣行まで準備しましょう。

ロッドを仕舞う時に、ロッドの接合部のエポキシ接着剤が、少し剥げていました。
細目にリペアーが必要です。

マメにメンテナンスをすれば、ロッドはまだまだ使えそうです。

スポンサーリンク
このエントリーをはてなブックマークに追加 LINEで送る

2019年3月22日金曜日

三面川サクラマス2回目釣行に向けて

スポンサーリンク
先週折れた竿の修復は完了しましたが、思うようにキャスト出来るか分かりません。
上手くキャスト出来ない時を考え、ルアーにフックとして、flyを取り付けました。


一番下が、浅瀬用です。
flyはスイベルで簡単に交換出来ます。
一番上には、ビッグサンダーを付けました。
増水期及び水色が濁ったら出番です。




修理したflyロッドに問題なければ良いのですが、繋ぎに入れたカーボンチューブが太いので、まったく飛ばないかロッドの硬さによる、反作用の増加により、飛距離伸びたかものどちらかです。
今回は、その確認です。
ダメならルアーロッドと、ルアーの出番です。


ダメなら直ぐに、MAXIMUMCATCH、14インチ#9スペイロッドの購入です。


先週、ロストしたフライ巻き足しました。

ダークグリーン・フラッシュバーカー

チューブ・グリーンハイランダー



新作の、グリーン・ヘロンも巻きました。

グリーン・ヘロン


今年は三面川です、川にはサケ稚魚がいっぱいいます。
サケ稚魚パターンはグリーンです。

5月の連休明けからは、アユ稚魚が遡上します。
金鮎flyの出番です。
黄色と金色のflyです。


スポンサーリンク
このエントリーをはてなブックマークに追加 LINEで送る

2019年3月20日水曜日

ロッド修理しました

スポンサーリンク
三面川初釣行で折れた14フィート#9ロッドです。


13年使ってきました、疲労で折れたようです。
一番テンションの掛かる部分です。
今週末釣行の為にも、緊急修理です。

ネットでカーボンチューブを探しましが、良いものが見つかりません。
まったく使ていない、渓流用のルアーロッドを潰しての修理を考えましたが、とりあえず本真釣具に行ってきました。


良いものを見つけました。
それも、700円引きです。


外径が5mmから8mmで、ピッタシです。



折れた部分の内径は5.2mmです。
先端から必要な長さをカットするだけです。


ロッドの折れた部分を金鋸で切断します。
チューブフライ用の、アルミパイプを切断するより、簡単でした。


中央が修理に使う、パイプです。
エポキシ接着剤をパイプに塗り、折れたロッドに通します。
その後、穂先を被せ接着剤を上塗りします。

一時間くらいで固まったら、もう一度接着剤を上塗りし、一時間で完成です。


ロッド1センチ長くなりました。
週末釣りに行けそうです。

予備に、MAXIMUMCATCHの、14インチ#9スペイロッドを、購入するか検討中です。

スポンサーリンク
このエントリーをはてなブックマークに追加 LINEで送る

2019年3月18日月曜日

三面川サクラマス初釣行 竿折ちゃいました

スポンサーリンク
解禁日の3月16日、八時過ぎに出発です。
風もなく薄曇り、気温は4℃、冬に逆戻りです。
向かう途中の飯豊連峰、真っ白に戻りました。
工場の煙突の煙は、真っすぐに立ち昇り、まさにフライフィッシング日和です。

九時半過ぎに到着し、第一希望のポイントが空いています。
直ぐに準備を済ませ、リードflyにオレンジヘロン、ドロッパーにダークグリーンのフラシュバーカーを結び、十時に第一投です。
足元はブッシュのため、ラインバスケットは必需品です。


解禁日の週末です、アングラー3、40人です。
サケ釣りの時と変わりません。
流石に、flyマンは私一人です。
水位はサケ釣りの時より3、40センチ高い状況で、川に立ち入れません。
ロールキャストで釣り下ります。
アンカーを打てづ、スペイキャスト出来ない為、ライン飛びません。
十一時前に雨が降りだしました、西の空には晴れ間が見えます、直ぐに止みそうなので車に戻り雨宿り休憩です。




30分後に雨は上がり、上流から釣り再開です。
釣下りますがアタリは無く、瀬波大橋下流へ移動し昼食後に釣り再開です。
このポイント何とか川に立ち入ることができました、ただ1メートルだけです。
流れも弱く、いい感じでシューテングヘッドが流れていきます。
ただ、上流の立ち木にラインが絡み、flyをロストしてしまします。
釣り下りますが、同じ状態で何本flyを失ったでしょうか、20センチくらい減水すれば最高のポイントですが、ポイント移動です。




羽越線上流で、立ち入れるポイント見つけました。
対岸で網漁をしています。



 サケ釣りの頃の流木無くなりました。
このポイントしっかりアンカーを打てます。
流れも弱く、手前の流芯先にキャストしflyを流します。
数投目にロッドから嫌な音がします。
竿が折れ、シューテングヘッドと一緒に、ロッドが飛んでいきます。
竿を回収して、折れた部分を確認します。
長年使った疲労のために折れたようです。
これで、この日の釣りは終了です。



来週釣り出来ないのかな!?

スポンサーリンク
このエントリーをはてなブックマークに追加 LINEで送る

2019年3月15日金曜日

ベストにゼッケン取り付けました

スポンサーリンク
ゼッケンの付け方を今年は変えました。



ベストには磯釣り用のハリスをティペットとして入れました。
勿論、がん玉も。
計測用に電子秤(1mのメジャー付き)。
釣れた時ように、黒鯛用のアウトリガー。




使いたくはないのですが、ルアーとルアーロッドも持っていきます。
今年もルアーのフックはflyです。
現場で付け変えます。




サクラマス用コンテナボックスです。
スイッチロッド用の、マスタースペックヘビーDラインを巻いたリールも入れました。


ただ、週末天気悪そうです。
雪ダルマ、マークが出ました。
土日とも、朝方は雪の予報です。
峠には雪が有りそうです、冬タイヤが必要です。

スポンサーリンク
このエントリーをはてなブックマークに追加 LINEで送る

2019年3月13日水曜日

サクラマスFlyも準備完了です

スポンサーリンク
チューブflyとストリーマfly、巻き終わりました。

チューブflyです。
3月から5月中旬まで使用する予定です。




新作ストリーマflyです。
オレンジヘロン、ブライス・ストリーマ、アクアマリーン・グリーン、フラッシュバーカー。
雪代の始まる前に使用する予定です。
雪代が終わったら、下流域で使用します。




雪代による増水期用flyです。
ビッグ・ダンサー各色。
デーモン・ピーコック。
大きさでは、ルアーに負けません。
シロカキによる濁りには、ビッグ・サンダーです。
五月の連休前後におすすめです。


ヒゲナガflyです。
5月の連休明けから、中上流域で使用します。
ヒゲナガラバー(クロカワ虫)、#8新谷川スペシャル、#8新谷川スペシャル2、ポーラセッジ、ピーコックセッジの出番です。
この釣りを一番期待しています。


昨年か一昨年、荒川で釣れたサクラマスの胃の中に、クロカワ虫が入っていたブログを見ました。
サクラマスは、水生昆虫を捕食します。
小さいflyで、60センチのサクラマス釣れたらいいな!

スポンサーリンク
このエントリーをはてなブックマークに追加 LINEで送る

2019年3月12日火曜日

早出川水系、2回目釣行

スポンサーリンク
快晴の中8時過ぎに早出川へ向かいます。
向かう途中、山が先週よりも白くなっていました。


9時過ぎに、今週も磐越西線鉄橋下流で、ダブルハンドにパワーヘッド4m、インターミディ・タイプ2で釣り開始です。
水位が先週より10センチ上がりました。

先週、ヘッドが飛ばなかったので、モノコア36LBに変えました。
キャストすると今度は、対岸までとんで行きます。
ラインの扱いも、新品ですから問題ありません。

ワンキャスト、ツーステップダウンで釣り下ります。
水位が上がったので、足元に気お付けながら釣り下ります。
先週より、流れを強く感じます。
釣り下りながら岸際によって行きます。

対岸の沈み石付近でもアタリはありません。
11時にポイント移動です。



サクランド温泉上流の堰堤から、スイッチロッドにマスタースペックヘビーDライン、タイプⅢティップで釣り下ります。
flyは、ピーズヘッドのフェザントテールニンフ。


今年初めて川で、スイッチロッドを使います。
マスタースペックヘビーDライン、扱いやすくラインコントロールも容易にできます。

それにスイッチロッド、軽くて楽ですね!。
荒瀬を入念に探ります。
気温の上がり、活性があげれば釣れそうですが、アタリはありません。

途中でflyを、チューブflyに変え釣り下ります。
ただ、チューブflyあまり沈みません。
ショットが必要です。

この日は、来週から解禁する、三面川サクラマス遊漁の、いいイメージトレイニングができました。

スポンサーリンク
このエントリーをはてなブックマークに追加 LINEで送る

2019年3月10日日曜日

シューティングライン買ってきました

スポンサーリンク
車の点検の帰りに、WESTで#10リール用の、シューティングラインを買ってきました。
先週の早出川で、パワーヘッドが昨年より飛ばなかったので、36lb.のモノコアに戻します。







先週流れが速く、スローシンク・インターミディでは底が取れないので、インターミディ・タイプ2ヘッドに交換しました。

100mのラインです、50m巻いて残りは来年用です。
50mのところに、赤のマーカーが塗ってあります。
二度使えることを考えると、お値打ちです。


早出川で確認して、来週の三面川サクラマス解禁に備えます。

スポンサーリンク
このエントリーをはてなブックマークに追加 LINEで送る

2019年3月9日土曜日

ゼッケン届きました

スポンサーリンク
黄色のゼッケンです。




承認証とゼッケンを返却すると、翌年は写真と免許証のコピーは不要になります。




注意事項です。


マップは漁協のホームページと同じです。




報告書にいっぱい、記入できるといいのですが、参加した日数だけ書いて返却かな?!
魚の重量、全長は書かなくていいようです。
漁協によって違うようです。


スポンサーリンク
このエントリーをはてなブックマークに追加 LINEで送る