2018年5月5日土曜日

加治川7度目の釣行に向けて

スポンサーリンク
4月28日の6度目の釣行で、flyだいぶロストしてしまいました。
サクラマス用flyボックス、スカスカです。

聖雲会館付近、堰堤下流の巻きの部分で、グリーンオスプレーデーモンピーコック、黒のビックサンダー、ゴールドテープセッジ、をロスト。

白鳥のポイントの上流で、グリーンオスプレーレッドブルースペイをロスト。

加治大橋上流で、ドロッパーシステムに変え、ブライスflyグレイグナイトタイムflyをロスト。
他にも、オーバーテイカーをロストしました。

帰って来てから、flyを巻き始め次の釣行に間に合いました。



ヒゲナガの季節です。
ゴールドビーズをボディーに巻いたヒゲナガパターンを追加しました。
聖雲会館付近、堰堤下流の巻きの部分用です。

其れと、flyベストにラジオペンチを入れました。
90ミリのフローティングルアーの、フックを取り外しflyを結ぶ為です。
もう一度このポイントでflyロッド試してみましょう。
邪魔だった樹木、切られたようです。

ラインはパワーヘッドのスローシンク・インタミか、7メートルのフローティング。
其れか、スイッチロッドにスープラEXP。

flyベストのflyボックスも交換です。
増水期用のflyボックスを渓流用と交換です。

渓流用 セッジfly

渓流用 ウェット、ストリーマ、ニンフfly
5月になりました、ヒゲナガの季節です。
上のセッジflyボックスがメインになります。

このエントリーをはてなブックマークに追加 LINEで送る

スポンサーリンク