2017年12月14日木曜日

桜咲きサクラマス本番!!

スポンサーリンク

2016年

4月2日 5時に家を出て6時前に、赤川霞堤公園の駐車場に到着、準備し下流のポイントへ、対岸に二人のルアーマン、一人はサクラマスを持っています。


この時間ではもう遅いのか、関東から遠征して来られる人たちは、夜通し運転し車中泊、日の出とともに釣り開始。

此れじゃ早いですよね。

前日遡上し、ポイントで休んでいたサクラマス、釣られちゃったよ!。

そう考えつつ、釣り開始。
パワーヘッド4、シンクティップはタイプ3、ハリスはドロッパーシステム、鮭稚魚パターンで釣り下ります。


釣り下っていき、大きい沈み石の、誰が見ても怪しいスポット、flyを流すと、沈み石で根がかり、flyをロスト。

根がかるのを避け、5メートル下り沈み石の直後に、flyを落とし探るがアタリは無く終了です。
午後に同じ場所に入るが、ノーフィッシュでした。



4月9日(高畑の水位3.82m 下館の水位43m)
この日は人が多く、駐車する場所を探すのが大変です、思うポイントに入れません。

羽越線上流のポイントに入ります。
ここは、川岸に木が林立しflyを、キャストし難いポイントです、新たに購入したパワーヘッド4、インターミディ・タイプ2にハリスで、flyは鮭稚魚パターン。

上流にキャストし、flyを沈めて流して行き、下流45度迄流しきりリトーリーブ、しかしアタリは有りません。

1時間くらいで見切りポイントを変わります。
高畑、下館の水位ですが、川の防災情報のデータです。


羽越線下流のポイントが空いたので其処に入ります。
鉄橋の下流から同じシステムで釣り下ります。

10メートルくらい下ると、柳の木が上流側になり、此処からは、スカジッドキャストが出来、対岸近く迄キャストできます。
スイング幅も広くとれ、期待しますがアタリは有りません。

釣り下って行くと根がかります。
ヘッドをスローシンク・インターミディに変えますがアタリは無く、このポイントを見切ります。



最下流部で昼食を取り、新しい魚が遡上してくるのを、期待し釣り再開です。


最下流部堰堤
にほんブログ村 釣りブログ フライフィッシングへ
スポンサーリンク


ヘッドはインターミディ・タイプ2、ゾンガーと鮭稚魚のドロッパーで探ります。

この日は増水したので、根がかることもなく釣り下ります。
流心でアタリかと騙されますが、残念ながらノーフィッシュです。

桜のつぼみがふくらみ、来週は満開になりそうです。
私も桜咲くになればいいのですが。

翌週は桜満開でした、朝一赤川霞堤公園下流のポイントに入りますが、ノーフィッシュ。
この日は花見客が多く、ポイントを変わると、駐車スペースが無く昼前に終了です。


4月23日(高畑の水位3.65m 下館の水位43m)
朝一赤川霞堤公園へ、この日は人が少なく、思うポイントに入る事が出来ます。
沈み石迄釣り下りますが、アタリは有りません。

沈み石を入念に探ります。
沈み石を攻略し、根がかる事は無くなりました。
しかしここでも、ノーフィッシュで、ポイントを変わります。

8時過ぎに、羽越線鉄橋上流、対岸のポイントに入るが、flyにはキャストしづらいポイントでした。
結構水深があるようで、タイプ3のヘッドで調度いいみたいです。

9時過ぎにクラレ脇の堰堤、下流に入り堰堤下より開始、対岸にはえさ釣り師。
そして暫くすると、対岸にflyマンです。
えさ釣り師が居て、残念そうです。
すぐにポイントを変わってしまいました。

堰堤下から釣り下ります。
このポイントは対岸から、8メートルくらいに流心が有り、えさ釣り師は、流心脇を釣っていいます。

私も手前の流心脇にflyを流しますが、アタリは無く橋迄下った所で、ポイントを変わります。


12時過ぎに最下流部、胎内大橋50メートルくらい上流のポイントに入ります。
岸沿いを、鮎の稚魚が遡上していきます。
サイズは5センチくらいです。

薄茶色のゾンガーを付け、岸沿いを探ります。
サクラマスが鮎を追ってくるのを期待しますが、結局ノーフィッシュです。

この頃になって、釣りビジョンでみた、ルアーフィッシングの番組で「釣れない魚の代名詞、サクラマス」と言う言葉を思い出します。

ちなみにサクラマスの釣れる確率は、ルアーで1/30、flyは1/100です。
まさに「釣れない魚サクラマス」です。

羽越線鉄橋上流の位置情報を記載します。
(スマホでは表示しません)
このエントリーをはてなブックマークに追加 LINEで送る

スポンサーリンク