2018年7月5日木曜日

鮎釣り毛鉤,オトリfly

スポンサーリンク
鮎釣り用fly巻き終わりました。

青ライオン、雄山、白ライオン、その他です。
3本のドロッパーでリードflyではなくショットです。
ショットで全体を沈めます。
アタリを取るのにインジケータを使いましょう。


おとりfly

ゾンガーflyは、スイベルで4本錨を取り付けます。
それとフックに4本錨を結びます。


チューブflyは樽型スイベルで4本錨を結びます。
チューブflyはサクラマス用、鮭釣り用が有りますので補充は大丈夫です。




おとりルアー

背針と逆さ針取り付け用ウレタンを接着しました。
黄色がフローティング、白がシンクルアーです。

ロッドはクロダイ用の6.3メートルロッドとflyリールを使います。
これで友釣りです。


毛鉤とflyの友釣りは、スイッチロッドを使います。
ラインは、マスタースペックヘビーDライン、早瀬はタイプⅢテップ、浅いポイントはフローテイングテップです。

鱒のライズを発見したら、このflyボックスです。

鮎のライズが有ったら、ミッジflyです。


週末は雨の予報です。
今晩から土曜日まで雨です、土曜日は大雨の予報です。
日曜日は濁りで駄目でしょうか。


このエントリーをはてなブックマークに追加 LINEで送る

スポンサーリンク