2017年12月29日金曜日

6月中旬 大物ラインブレークでサヨナラです

スポンサーリンク
6月上旬、三川フィッシングパークがオープンしました。
ストレス解消に管理釣り場です。

スイッチロッドに、スープラエックスプレス#6~7ラインに、新谷川スペシャルを結び、ドライflyの釣りから開始です。

ルアーマンが二人居るため、上流部でキャストします。
スイッチロッドでスペイキャスト、簡単に飛んでいきます。

大きい沈み石の手前で、flyにでます。
合わせると、けっこう引きます。
釣れたのは30センチの虹鱒、よく見ると鼻先がつぶれています。

暫くすると、下流が空いたので其処へ移動します。

流心でライズが有ります。

流心にフライをキャスト、魚がみえます、そしてflyを銜えます。
サイトフィッシングです。
楽しい釣りです。

釣れた虹鱒は、同じように鼻先がつぶれています。

ドライflyで10尾くらい釣ったところで、新作flyのテストです。

ラバーボディーカディスピューパー釣れません。
シナモンセッジ、2尾釣りました。
ゴールドボディーピーコックセッジ、入れ食いです。
新作、新谷川スペシャル2、よく釣れます。

この日30尾前後釣り、大満足で帰宅です。
帰宅途中、新谷川釣り人増えました、5人確認できます。
皆さん、虹鱒狙いです。
ゴールドボディーピーコックセッジ
新谷川スペシャル2
新谷川スペシャル2のYouTube動画

スポンサーリンク


翌週、細越橋下流から釣り開始です。
橋の袂から釣り下ります。
リールから、ラインを出しながら、遠くへと探っていきます。

すると行き成り、ドスンとアタリです。
引きます、大物です。

スイッチロッドです、両手でファイト出来ます。
少しずつ寄ってきて、銀色の50セン近い魚体を、確認できました。

管理釣場の一冬越えた虹鱒?
戻りヤマメ?
考えていたら、走りだします。
その時ラインブレークです。

管理釣り場から落ちてくる虹鱒が狙いです。
チペットは6Xです。
魚はそのまま、上流へ登って行きました。

行き成りのアタリで、私の心の準備は出来ていません。
ラインの長さ調整中で、悔やんでも後の祭りです。

切られた時と同じflyです、鮎毛ばりです

気を取り直し、釣り再開です。
flyを新谷川スペシャルに変え、釣り下ります。
flyは流心の流れで、沈みますそしてドスンです。
さほど引きません。

釣れたのは、30センチの鼻ツブレの虹鱒です。
今日の本命です。

その後、20センチのヤマメを2尾釣り、この日は終了です。


新谷川スペシャル

7月上旬細越橋下流に入りますが、ルアーの先行者が居ます。
私が、河原に降りた時には、ポイントを変わったよです。

橋の袂から釣り下りますが、まったくアタリは有りません。
100メートルくらい下流で、ライズを発見。

ライズの有った手前に、キャストします。
flyに出ましたが、フッキングしません。
その後、同じポイントにキャストしまうが、出ません。

魚スレています。

先行者の後です、fly先行で流さないと釣れそうに有りません。

その後、対岸近くでライズを発見、fly先行で流すため、立ち位置を変え、キャスチングflyは、上手く流れflyに出たところで合わせます。
今度は、上手くフッキングできました。

釣れたのは、21センチのヤマメです。
大物をバラシタ為、ランディングネットは、大物ように変えました。


釣れたヤマメ

このエントリーをはてなブックマークに追加 LINEで送る

スポンサーリンク