2017年11月25日土曜日

我が家に釣りビジョンがやってきた

スポンサーリンク
2006年の12月から釣り専用チャンネル、釣りビジョンを我が家でも見えるようになりました。
それにより私の釣りも進化します。

杉坂隆久氏の「fun to fly fishing」杉坂研治氏の「ハイパーエキスパート」里見栄正氏の「go slow」「フライフィッシングギャラリー」の杉浦雄三氏、安田龍司氏のビデオを見る事で、ポイントの攻め方、キャスチング方法、ラインの選択方法、そしてflyの巻き方を再確認できました。


「fun to fly fishing」は入門者用の番組で、1話は、渓流でのドライflyの釣りを、フライラインの説明からリーダシステム、そしてドライflyのキャスティングの基礎、各ポイントの攻め方、魚の定位して居る場所、flyの落とす所などを細かく解説してくれます。


2話は、渓流のウェットflyの釣り、インジケータの使い方から、ウェイト(がん玉)と付け方、ドロッパーシステムの説明等。


3話は、湖でのダブルハンドロッドでの釣り、ロッド、リールそしてラインシステムの説明では、チェンジャブルラインの有効性など、それとダブルハンドロッドでのスペイキャスチング。


4話は、川本流でのダブルハンドロッドでの釣り、ダウンクロスキャストの有効性について、そしてストリーマflyやワカサギパターンのflyの巻き方の実演。

今まで雑誌でしか知りえなかったことが映像で見れ、またビデオに録画すれば何時でも見る事だできました。
本当に参考になり、釣りの幅が広がりました。
にほんブログ村 釣りブログ フライフィッシングへ
にほんブログ村
スポンサーリンク


杉浦雄三氏の浜名湖での黒鯛釣り、これから紹介する予定ですが私も、黒鯛釣りをflyで始め、その後いろいろな海での釣りを試みました。

ルアー釣り、落とし込み釣り、浮きすかせ釣り、しかしflyで魚を釣りたいと常に思い、エサをflyに変えて挑戦しております。
残念ながらflyではカサゴ、フグ、マゴチ、チンタ(黒鯛の20センチ)しか釣れておりません。

また新潟では、浜野湖のようなフラット(広い浅瀬)は無く、フライフィッシングだけとは行きません。

黒鯛をせめて落とし込みで、エビflyや蟹fly、オキアミflyで釣ろうと、チャレンジしておれます。

杉浦雄三氏、安田龍司氏の本流での釣りスタイル(ウェットfly、ストリーマ)は今現在の私の釣りの基本です。

スポンサーリンク
このエントリーをはてなブックマークに追加 LINEで送る